医療法人 平心会、眼科ネットワーク以外の医療機関ともそれぞれに特色がある医療機関の業務支援を行っています。
二次救急指定病院で内科疾患の治験実施が豊富な 特定医療法人 ダイワ会 大和病院、透析患者対象の試験を受託できる 社会医療法人 愛仁会 井上病院 と 医療法人 藤井会 石切生喜病院 などと提携しています。

大和病院

生活習慣病(2型糖尿病、高血圧症、脂質異常症など)の試験を中心に業務支援を行っています。当該医療機関は、医療法人平心会の救急搬送先としても契約している二次救急指定病院です。一般病院では実施することが難しい宿泊を伴う臨床薬理試験やインフルエンザ、感冒などの急性期疾患の治験もこれまでに数多くの実施実績があります。

井上病院

血液透析患者および腹膜透析患者対象試験の業務支援を行っています。これまでに透析領域において52試験、385症例の実施を支援しています。腹膜透析患者を対象とした試験も40症例の組入れ実績があります。200床の透析患者用のベッドを有し、透析分野において日本有数の規模を誇ります。

石切生喜病院

2021年春より血液透析患者対象試験の業務支援を行っています。治験を積極的に実施する方針を打ち出しており、17の診療科(内科、血液内科・血液腫瘍科、呼吸器内科、消化器内科、腎臓内科、循環器内科、心臓血管外科、眼科、外科、呼吸器外科、整形外科、脳神経外科、形成外科、皮膚科、婦人科、泌尿器科、乳腺外科)において治験の実施を受け付けています。2011年3月に制定された大阪府がん対策推進条例によって、大阪府がん診療拠点病院に指定され、年間に1,000症例を超えるがん患者を新たに診断または治療を行っている病院です。